英語へのあこがれ

 

英語を使う仕事に付きたいならTOEFLをまず習得しましょう。TOEFL対策をこちらのスクールで勉強すれば試験にきっと役立つはずですよ。

英語がペラペラ喋れる。そんなことに憧れを感じたことがないだろうか。筆者は毎日憧れている。昔ビートルズのレコードにあった歌詞カードと和訳を見比べて勉強していたり、自分なりの和訳をホームページに載せるほどだった。しかしそれでも英語の成績は下から数えたほうが早いという体たらくだった。Let It Beで覚えた英語訳はテストにはなんの効果もなかった。なぜなら範囲に入っていないからだ。

それでも筆者はそれなりに英語が話せるようになった。あくまでそれなりだが。相手が何を言っているかわかるようになったし、ジェスチャーも交えれば相手に意思の疎通もできるし、何を言いたいのかは言えるようになった。やはり普段から英語に触れているというのは有効であり、頼れるものは自分だけという状況に追い込まれると人はなんでもできるものである。

だが、そんなギリギリを味わうよりも、もっと余裕を持ちたいというのならば英会話スクール似通うことをおすすめする。英会話スクールならば、もっと身の入った授業を受けれるし、何より授業中ほとんど英会話が中心なので学校の授業の数倍役に立つ。別に学校の授業が悪いわけではなく、会話をするという目的ならば英会話スクールのほうが役に立つのだ。

英会話スクールをやっている所がどこにもないのだったら通信教育もよい。通信教育は忙しくて英会話スクールに通えない人や英会話スクールが遠い人にとっては非常に役立つところで、通信教育だけでもその気になれば英会話をマスターすることが可能だ。

通信教育と英会話スクール。これが英会話に役に立つのか否か。答えはもちろん役に立つ。その根拠を紹介しよう。

通信教育を小学生の子供の頃から行う家庭も多いんです、幼い頃から勉強に触れることで将来の学力アップを目指しましょう。